むち打ちの後遺症

はじめに

むち打ち(むちうち症、鞭打ち、頸椎捻挫、外傷性頸部症候群、TCSなど様々な呼び方がありますが、ここでは「むち打ち」に統一します)が完治しない状態は、「むち打ちが後遺症になった」と言うことができます。そして、この後遺症の残存を主張して損賠賠償の対象であると認められた場合、「後遺症が後遺障害として認められた」と言うことができます。後遺症と、後遺障害。まずは言葉の意味を正確に理解することが出発点になります。

さて、むち打ちの後遺障害等級には14級9号と12級13号の2種類があります。その違いは、簡単に言えば、14級9号が普通の後遺障害、12級13号が特に重い後遺障害であるということです。

  • 14級9号 局部に神経症状を残すもの
  • 12級13号 局部に頑固な神経症状を残すもの

後遺障害等級が認められた場合、損害賠償の項目の中に「逸失利益」と「後遺障害慰謝料」という二つの項目が追加されます。逸失利益は年収その他の諸事情により個人差が生じるため画一的に解説することは出来ませんが、後遺障害慰謝料は定額ですので簡単にその違いを説明することが可能です。具体的には、14級9号の後遺障害慰謝料は110万円、12級13号は290万円です(裁判基準の後遺障害慰謝料)。後遺障害が認められない、非該当の場合の後遺障害慰謝料は当然に0円ですので、より上位の後遺障害等級認定を受けることは損害賠償の解決に向けて極めて重要な要素となります。

それでは、どのような場合に後遺症は後遺障害として認められるのでしょうか。
後遺障害等級認定を受けて事故を解決するためのポイント、考え方を、以下にご紹介します。

むち打ちの後遺障害認定

1.むち打ちになっても仕方ないと言えるだけの衝撃を受けた事実を明らかにすること

例えば車のバンパーに擦り傷がついた程度の事故態様では、他の要素がどれだけ重篤であっても、常識的に考えて12級13号での解決はあり得ないでしょう(この「常識で考える」ということは極めて重要です)。特に、目に見えにくいむち打ち等の神経症状を後遺障害として主張していくためには、審査機関に対し、そのような障害が生じても仕方ないほどの衝撃を受けた事実を、丹念に資料化し、訴えていくことが必要になります。

2.自覚症状が医療記録に残るように訴えて、かつその症状が一貫している事実を明らかにすること

むち打ち等の神経症状を対象とする後遺障害等級(14級9号、12級13号)は、「受傷部位にほとんど常時疼痛を残すもの」であることを前提とするという明確な定義があります。この、症状の常時性・一貫性を主張していくために重要なことは、「客観的な医療記録の中に症状の記載がなければ、事実として生じている症状であったとしても存在しなかったことにされてしまう危険性があること」を正しく理解して治療期間を過ごす必要があると理解しておくことです。医師にしびれを訴えたはずなのに、カルテの中に記録されていない、腰の痛みを訴えたはずなのに、経過診断書の中に腰に関する診断名が記載されていない・・・こうして客観性を欠いたことで自覚症状の連続性・一貫性が途絶えると、「受傷部位にほとんど常時疼痛を残すもの」という条件をクリアできないことになり、本来であれば後遺障害等級が認定されるような神経症状が残存した場合であっても、後遺障害が非該当とされてしまう、このようなことは損害賠償の世界では頻発しています。自覚症状は一つ一つをしっかり明確に主治医に訴えることが大切です。


3.腱反射やジャクソンテスト等の神経学的検査を受けて、なるべく多くの異常所見を明らかにすること

目に見えない神経症状を少しでも客観的な医学的所見として資料化し、主張していくために、損害賠償の世界では「神経学的検査」が重視されていますので、以下に代表的な神経学的検査をご紹介します。ただし、この神経学的検査は、何もかも闇雲に検査を受ければ良いというものではないという点、注意が必要です。ある症状の存在を客観的に明らかにするために神経学的検査の実施を受けるとき、そもそも全く見当違いな検査であれば、検査結果は最初から正常にしかなり得ないということになりますが、この「正常」という検査結果はときに一人歩きして、後遺障害の認定結果を厳しいものにする原因となります。以上から、神経学的検査は、自覚症状や他覚的所見に応じた使い分けが必要であると言えます。

【頸椎捻挫の代表的な神経学的検査】

  • ジャクソンテスト
  • スパーリングテスト
  • 徒手筋力テスト
  • 腱反射テスト

【腰椎捻挫の代表的な神経学的検査】

  • FNSテスト
  • ラセーグテスト
  • SLRテスト
  • 徒手筋力テスト
  • 腱反射テスト

4.シビレや知覚鈍麻等の神経症状がある場合、MRIの撮影を受けてその原因を明らかにすること

ここでは、頸椎症におけるMRI検査の有用性についてご紹介します。まずは、右記の図を見て頸椎の構造を把握してください。椎体と椎体の間にある椎間板が飛び出して、その後ろにある左右の神経根を圧迫しているのか、それとも脊髄を圧迫しているのか。MRI検査によればこのことが一目瞭然で分かります。私たちは、全てのご相談に対し、まず、画像から当たることを鉄則としています。何よりも重要な画像所見について弁護士や相談員が正しい認識を持てなければ、その他一切の立証活動について正確な対応ができないからです。ご相談を受けた場合、プロの放射線科医も使用する専門のソフトを用いて依頼者様の画像を解析し、その上で後遺障害の立証について方針を見定め、今後に向けたアドバイスを行っています。例えば上記画像からはc5/6(第5頸椎と第6頸椎の間)の左側に突出したヘルニアが確認できますが、これが自覚症状や神経学的検査結果と医学的な整合性を持つかどうかが12級13号の認定を受ける上で決定的に重要な分かれ目となります。なお、私たちは、熟練の技師による3テスラのMRIが撮影可能な医療機関のご紹介や、既に撮影済の画像について放射線専門医による医学鑑定サービスの斡旋なども行っております。

5.過不足のない後遺障害診断書が完成していること

以上のような知識を被害者様ご自身がどれだけ学習し、理解が進んだとしても、損害賠償の世界では、医師が作成した診断書の形になっていなければ何の意味も持ちません。しかし、現実には、以下のような問題が立ちはだかり、被害者側の立証活動はなかなか教科書通りには進みません。

  • 検査など必要ない、と対応を拒否される
  • 検査は実施してもらえたが、判定が厳しく全て正常所見にされてしまう

賠償医学の理論をいかに現実のものとするか。ここで、医療機関の情報をどれだけ有しているかという相談を受ける側の真の実力が問われます。もちろん、私たちは日本全国において数多くの病院情報を有しておりますので安心してご相談いただくことができます。

ご相談無料!まずはお問い合わせください!

お電話でのお問い合わせ

受付時間 10:00~18:00(平日)

ホームページからお問い合わせ

お問い合わせ窓口

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-13-9 ダヴィンチ人形町4F 古田総合法律事務所内 
交通事故弁護士相談ネット事務局 「むち打ち・慰謝料」係