具体的な解決事案情報

14級9号:脛骨高原骨折後神経症状(50代女性・栃木県)

【事案】

自転車を運転中に一時停止を無視した加害車両に衝突され、転倒して膝を強打したもの。

totigi-50.jpgのサムネイル画像

【問題点】

被害者は事故後一貫する脛骨高原骨折後の痛みの神経症状を訴えているが、通院先ではどの様に把握されカルテに記録されているか・・・

 

【証明ポイント】

1.まずはCT、MRIを確認し、12級13号(頑固な神経症状)、12級7号(下肢機能障害)認定の可能性を検討することから対応開始。次いで、医師面談で確認した主治医の意見や、画像鑑定機関における鑑定の結果から、関節面は手術によって完全に整復されており変形は残存しておらず、神経症状や機能障害の根拠とするのは難しいと考えられた。このため、後遺障害申請の狙いは12級13号(頑固な神経症状)ではなく14級9号のみとなった。

 

2.弊事務所の経験上、14級9号の認定は頚部・腰部に甘く四肢等に厳しいと認識している。このため、四肢神経症状には万全の準備が必要となる。

さらに医師面談を行い、僅かに残存した手術痕(スクリュー孔)の指摘や、筋力検査、筋委縮検査における異常所見の記載を受けた完璧な後遺障害診断書の発行を受ける。最後に、日常生活上の支障を全て聞き取って資料化し、対応完了。

弁護士による被害者請求の結果、無事に後遺障害14級9号が認定された。

 

ご相談無料!まずはお問い合わせください!

お電話でのお問い合わせ

受付時間 10:00~18:00(平日)

ホームページからお問い合わせ

お問い合わせ窓口

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-13-9 ダヴィンチ人形町4F 古田総合法律事務所内 
交通事故弁護士相談ネット事務局 「むち打ち・慰謝料」係