具体的な解決事案情報

14級9号:脛骨高原骨折後神経症状(50代女性・栃木県)

【事案】

自転車を運転中に一時停止を無視した加害車両に衝突され、転倒して膝を強打したもの。

totigi-50.jpgのサムネイル画像

【問題点】

被害者は事故後一貫する脛骨高原骨折後の痛みの神経症状を訴えているが、通院先ではどの様に把握されカルテに記録されているか・・・

 

【証明ポイント】

1.まずはCT、MRIを確認し、12級13号(頑固な神経症状)、12級7号(下肢機能障害)認定の可能性を検討することから対応開始。次いで、医師面談で確認した主治医の意見や、画像鑑定機関における鑑定の結果から、関節面は手術によって完全に整復されており変形は残存しておらず、神経症状や機能障害の根拠とするのは難しいと考えられた。このため、後遺障害申請の狙いは12級13号(頑固な神経症状)ではなく14級9号のみとなった。

 

2.弊事務所の経験上、14級9号の認定は頚部・腰部に甘く四肢等に厳しいと認識している。このため、四肢神経症状には万全の準備が必要となる。

さらに医師面談を行い、僅かに残存した手術痕(スクリュー孔)の指摘や、筋力検査、筋委縮検査における異常所見の記載を受けた完璧な後遺障害診断書の発行を受ける。最後に、日常生活上の支障を全て聞き取って資料化し、対応完了。

弁護士による被害者請求の結果、無事に後遺障害14級9号が認定された。

 

14級9号:顎関節神経症状(10代男性・茨城県)

【事案】

友人が運転するバイクのタンデムシートに搭乗中、多重事故に巻き込まれて転倒し顎を強打したもの。

 

【問題点】

1.事故後一貫する顎関節部神経症状の評価がどの様になされているか・・・

2.顎関節機能(そしゃく)障害や痛みの神経症状が後遺障害として想定され、被害者の心情を察するに、最終的に何か一つでも等級認定を受けて事故を終わりにしたいが・・・

 

【証明ポイント】

1.顎関節部の神経症状について主治医からは関節円板の脱出が指摘されており、医師面談の結果、顎を動かしながらのMRI撮影で立証しようということで話がまとまった。噛み合わせには問題はなく、固いものが噛めない等の顎関節機能(そしゃく)障害も見られないことから、後遺障害認定に向けての対応は、当初より痛みの神経症状に狙いを絞る。この場合には非該当~12級13号までの可能性が考えられるが、下記MRIによる画像所見の程度から14級9号が相当級と考えられた。

ibaraki-10-1.pngのサムネイル画像  ibaraki-10-2.pngのサムネイル画像

過不足の無い後遺障害診断書の作成を受け、無事に14級9号が認定された。

 

2.痛みの神経症状だけでは非該当の可能性もあるため、他に何か認定に繋がる障害は無いかと経過診断書・診療報酬明細書を読み込んだところ、顎の傷を治療した記録が確認できた。顎髭に隠れてしまうため本人も忘れていたという顔面線状痕(傷痕)は、髭を落として計測したところぴったり3㎝であった。これにより、痛みの神経症状に加えて、顔面線状痕を後遺障害12級14号として認定された。

14級9号:むち打ち神経症状(50代男性・群馬県)

【事案】

勤務中、同僚の運転する車両の助手席に同乗中、緩やかにカーブする優先道路に路地から左折して出ようとして停止していたところ、当該優先道路のカーブを曲がりきれずに、右方から直進してきた相手車両に衝突され、む

ち打ち損傷を負ったもの。

 

【問題点】

1.常勤ではない医師が主治医であるため、事故後一貫する頚部神経症状の評価が、どの様に院内カルテで記録され把握されているか・・・

2.治療費一括支払いの打ち切り期限が迫る中、症状固定について主治医が認めるか。

症状固定を認めたとしても、後遺障害診断書にどの様に記載されるか・・・

医療相談員と医師との協力.jpg

 

【証明ポイント】

1.被害者は初診時から同一病院に通院しており、弊事務所で相談を受けたのが事故後8ヶ月ほど経過した時期であった。被害者の説明では、事故後から一貫した頚部痛、腰部痛を訴えていたというものの、主治医が常勤ではない

ため、院内カルテや月次診断書ではどの様に症状の記載をなされてきたのかを確認しながらの医師面談となった。

被害者の訴えと、主治医が把握している症状に差異は無い事を確認。

2.被害者の自覚症状に関する記載だけでは非該当の可能性もあるため、特に症状が強い頚部痛に的を絞って、医師面談ではジャクソンテスト、スパーリングテストも追加で実施していただき陽性を認めた。既に実施され


ていた頚部MRI検査ではヘルニア所見を認められており、両者の所見を後遺障害診断書に記載していただく事ができた。

こうして過不足の無い後遺障害診断書の作成を受け、無事に14級9号が認定された。当ネットの医療相談員と医師の協力の結果であり、被害者にも喜んで頂きました。

14級9号:むち打ち神経症状(40代男性・群馬県)

【事案】

片側3車線の直進道路の中層車線を走行中、左方から車線変更してきた相手車両に、被害車両左側面を衝突されたもの。

 

【問題点】

1.被害者と面談時、頚部痛、腰部痛の訴えはあるが、痛みの自覚症状のみであるため、他に何か主張できる所見が通院先に残っていないか・・・

お医者様との連携.jpg

2.物損はそれほど大きくないため、事故を総合的に検討すると、後遺症を残す程度の事故衝撃であったか否かを否定的に捉えられないか・・・

 

【証明ポイント】

1.被害者は初診時から同一病院に通院しており、病院同行時の確認では、初診時から腱反射やジャクソンテスト、スパーリングテストは陰性であったとの事。

しかし、一貫した頚部痛、腰部痛を訴えていた事がカルテ上で確認された。

2.被害者の自覚症状のうち特に症状が強い頚部痛に的を絞って、医師面談ではジャクソンテスト、スパーリングテストも追加で実施していただき陽性を認めた。既に実施されていた頚部

MRI検査では椎間板膨隆所見が認められており、異常所見をピックアップして後遺障害診断書に記載していただく事ができた。

こうして医師の協力を得て後遺障害診断書の作成を受け、無事に14級9号が認定された。

  • 1

ご相談無料!まずはお問い合わせください!

お電話でのお問い合わせ

受付時間 10:00~18:00(平日)

ホームページからお問い合わせ

お問い合わせ窓口

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-13-9 ダヴィンチ人形町4F 古田総合法律事務所内 
交通事故弁護士相談ネット事務局 「むち打ち・慰謝料」係