• 非該当が14級9号認定!緻密な対応で12級13号獲得等々慰謝料アップ実績多数!
  • 骨折や靭帯損傷、CRPSまで医療に詳しい弁護士が後遺障害等級認定のポイントを熟知
  • 医療スタッフが病院に同行し検査手配や診断書作成を現地でサポート
  • 事故直後から異議申立まで交通外傷の全てをワンストップ対応!
  • 全国対応、電話無料相談実施中、即日対応!

むち打ちの慰謝料獲得のためには後遺障害認定手続きに全力を尽くしてください。

後遺障害認定手続きでよくない結果が出てしまったとしても、決して諦めないでください。
むち打ちの慰謝料獲得、その他の交通外傷で理不尽な思いをしている方、治療中からお気軽にご相談下さい。
私たちは、むち打ちの慰謝料獲得のための後遺障害認定から異議申立、慰謝料増額のための賠償交渉まで、交通外傷の全てをサポートします。

具体的な解決事案情報

14級9号:脛骨高原骨折後神経症状(50代女性・栃木県)

【事案】

自転車を運転中に一時停止を無視した加害車両に衝突され、転倒して膝を強打したもの。

totigi-50.jpgのサムネイル画像

【問題点】

被害者は事故後一貫する脛骨高原骨折後の痛みの神経症状を訴えているが、通院先ではどの様に把握されカルテに記録されているか・・・

 

【証明ポイント】

1.まずはCT、MRIを確認し、12級13号(頑固な神経症状)、12級7号(下肢機能障害)認定の可能性を検討することから対応開始。次いで、医師面談で確認した主治医の意見や、画像鑑定機関における鑑定の結果から、関節面は手術によって完全に整復されており変形は残存しておらず、神経症状や機能障害の根拠とするのは難しいと考えられた。このため、後遺障害申請の狙いは12級13号(頑固な神経症状)ではなく14級9号のみとなった。

 

2.弊事務所の経験上、14級9号の認定は頚部・腰部に甘く四肢等に厳しいと認識している。このため、四肢神経症状には万全の準備が必要となる。

さらに医師面談を行い、僅かに残存した手術痕(スクリュー孔)の指摘や、筋力検査、筋委縮検査における異常所見の記載を受けた完璧な後遺障害診断書の発行を受ける。最後に、日常生活上の支障を全て聞き取って資料化し、対応完了。

弁護士による被害者請求の結果、無事に後遺障害14級9号が認定された。

 

14級9号:顎関節神経症状(10代男性・茨城県)

【事案】

友人が運転するバイクのタンデムシートに搭乗中、多重事故に巻き込まれて転倒し顎を強打したもの。

 

【問題点】

1.事故後一貫する顎関節部神経症状の評価がどの様になされているか・・・

2.顎関節機能(そしゃく)障害や痛みの神経症状が後遺障害として想定され、被害者の心情を察するに、最終的に何か一つでも等級認定を受けて事故を終わりにしたいが・・・

 

【証明ポイント】

1.顎関節部の神経症状について主治医からは関節円板の脱出が指摘されており、医師面談の結果、顎を動かしながらのMRI撮影で立証しようということで話がまとまった。噛み合わせには問題はなく、固いものが噛めない等の顎関節機能(そしゃく)障害も見られないことから、後遺障害認定に向けての対応は、当初より痛みの神経症状に狙いを絞る。この場合には非該当~12級13号までの可能性が考えられるが、下記MRIによる画像所見の程度から14級9号が相当級と考えられた。

ibaraki-10-1.pngのサムネイル画像  ibaraki-10-2.pngのサムネイル画像

過不足の無い後遺障害診断書の作成を受け、無事に14級9号が認定された。

 

2.痛みの神経症状だけでは非該当の可能性もあるため、他に何か認定に繋がる障害は無いかと経過診断書・診療報酬明細書を読み込んだところ、顎の傷を治療した記録が確認できた。顎髭に隠れてしまうため本人も忘れていたという顔面線状痕(傷痕)は、髭を落として計測したところぴったり3㎝であった。これにより、痛みの神経症状に加えて、顔面線状痕を後遺障害12級14号として認定された。

14級9号:むち打ち神経症状(50代男性・群馬県)

【事案】

勤務中、同僚の運転する車両の助手席に同乗中、緩やかにカーブする優先道路に路地から左折して出ようとして停止していたところ、当該優先道路のカーブを曲がりきれずに、右方から直進してきた相手車両に衝突され、む

ち打ち損傷を負ったもの。

 

【問題点】

1.常勤ではない医師が主治医であるため、事故後一貫する頚部神経症状の評価が、どの様に院内カルテで記録され把握されているか・・・

2.治療費一括支払いの打ち切り期限が迫る中、症状固定について主治医が認めるか。

症状固定を認めたとしても、後遺障害診断書にどの様に記載されるか・・・

医療相談員と医師との協力.jpg

 

【証明ポイント】

1.被害者は初診時から同一病院に通院しており、弊事務所で相談を受けたのが事故後8ヶ月ほど経過した時期であった。被害者の説明では、事故後から一貫した頚部痛、腰部痛を訴えていたというものの、主治医が常勤ではない

ため、院内カルテや月次診断書ではどの様に症状の記載をなされてきたのかを確認しながらの医師面談となった。

被害者の訴えと、主治医が把握している症状に差異は無い事を確認。

2.被害者の自覚症状に関する記載だけでは非該当の可能性もあるため、特に症状が強い頚部痛に的を絞って、医師面談ではジャクソンテスト、スパーリングテストも追加で実施していただき陽性を認めた。既に実施され


ていた頚部MRI検査ではヘルニア所見を認められており、両者の所見を後遺障害診断書に記載していただく事ができた。

こうして過不足の無い後遺障害診断書の作成を受け、無事に14級9号が認定された。当ネットの医療相談員と医師の協力の結果であり、被害者にも喜んで頂きました。

14級9号:むち打ち神経症状(40代男性・群馬県)

【事案】

片側3車線の直進道路の中層車線を走行中、左方から車線変更してきた相手車両に、被害車両左側面を衝突されたもの。

 

【問題点】

1.被害者と面談時、頚部痛、腰部痛の訴えはあるが、痛みの自覚症状のみであるため、他に何か主張できる所見が通院先に残っていないか・・・

お医者様との連携.jpg

2.物損はそれほど大きくないため、事故を総合的に検討すると、後遺症を残す程度の事故衝撃であったか否かを否定的に捉えられないか・・・

 

【証明ポイント】

1.被害者は初診時から同一病院に通院しており、病院同行時の確認では、初診時から腱反射やジャクソンテスト、スパーリングテストは陰性であったとの事。

しかし、一貫した頚部痛、腰部痛を訴えていた事がカルテ上で確認された。

2.被害者の自覚症状のうち特に症状が強い頚部痛に的を絞って、医師面談ではジャクソンテスト、スパーリングテストも追加で実施していただき陽性を認めた。既に実施されていた頚部

MRI検査では椎間板膨隆所見が認められており、異常所見をピックアップして後遺障害診断書に記載していただく事ができた。

こうして医師の協力を得て後遺障害診断書の作成を受け、無事に14級9号が認定された。

むち打ちの慰謝料獲得のために私たちができること

サポート1

むち打ち治療中の対応

保険会社からのしつこい電話に代理人として対応!
むち打ち慰謝料の正当な後遺障害認定を見据えた治療期間の過ごし方や症状固定時の資料収集に適切な助言!

むち打ちの症状固定に向けて特段の心構えを持たずにこれまで過ごして来てしまいました。
慰謝料請求の後遺障害診断書の作成に向けても、特別な準備は何もしていません。

むち打ち症や骨折等の後遺症が残存したとき、適正な後遺障害等級認定を受けることは、簡単なことではありません。なぜならば、被害者の痛み・辛さを証明する責任は、加害者にあるわけではなく、病院にあるわけでもなく、ましてや保険会社にあるわけでもなく、被害者本人にあるにも関わらず、いったい何をどうすれば良いのか、普通は誰にも分からないからです(医療機関、医師は治すことの専門家ですので、損害の証明について特別な支援はありそうで無いのが実情です)。この点、経験豊富な専門家のアドバイスを受けて後遺障害診断書の作成を受ければ、辛い後遺症についてあるべき後遺障害等級認定が認められる可能性は格段に高くなります。私たちは、より良い後遺障害診断書の作成を受けることや、その前提となる検査手配を行うこと、そのために必要な範囲で医師に状況を説明し理解を得ること、頼れる医療機関を探すこと等について、専任の医療スタッフを派遣し、病院同行を行う中で被害者の皆様を現地サポートします。後遺障害診断書は、一度作成されてしまうとその修正・訂正は大変に難しいものになります。まだ間に合うならば、後遺障害診断書の作成を依頼される前に、ぜひ一度私たちが行う無料の法律相談をご利用ください。

サポート2

むち打ち診断書作成をサポート

納得できない後遺障害認定結果にやり切ったと言える異議申立を!

むち打ちによる慰謝料請求では、何を書いていいか分からないので、事実として痛みが残っていることと、
加害者側の不誠実な態度とその理不尽さを訴えます。

ただ単に痛いと繰り返すだけ、不満をぶつけるだけの異議申立では、何度申請を行ったとしても意図した後遺障害等級、むち打ちの慰謝料が認められる可能性は低いと考えられます。なぜならば、後遺障害の判定は、文系ではなく理系の価値観、科学の目線で行われるものだからです。根拠を示さずに痛みを主張し、不平不満を訴えるだけでは、科学的に後遺症の存在を証明したことにならず、異議も認められません。本当に意味のある異議申し立てを行うためには、その前提として、前回の障害否定の理由に具体的な反論が出来るだけの診断書や画像所見等、科学の目線で作成された客観的な医学的資料を入手する必要があります。私たちは、医療スタッフが医療機関に出向き、被害者の皆様を現地でサポートさせていただいて、むち打ちの慰謝料請求のための異議申立に必要な医学的資料の収集をお手伝いすることが出来ます。その結果、やれることは全てやり切ったと言える、納得感のある異議申立を実現することが可能となります。

サポート3

保険会社との賠償交渉(示談交渉、裁判)

提示されたむち打ちの慰謝料が不適切な場合、弁護士が示談交渉!
交渉が決裂した難しいケースでも経験と実績のある裁判のプロが対応!

提示されたむち打ちに対する慰謝料が妥当かどうか判断出来ず不安ですが、
保険会社担当者とのやり取りは苦手なので、もう諦めようと思っています。

被害者が弁護士に依頼した場合、加害者側の保険会社は弁護士を通してでなければ被害者側と示談交渉を行うことができなくなります。このため、被害者と保険会社側が直接やり取りをすることは無くなるので、被害者の心理的負担は大きく軽減されます。そして、保険会社が提示する示談金の計算基準は自賠責基準や任意保険基準と呼ばれる低額なものですが、これに対して弁護士が交渉を行う場合、裁判基準という最も高額な基準を使って賠償額を計算し、保険会社にその支払を求めて行くことになりますので、最終的な損害賠償額が増額する可能性があります。また、弁護士が行う交渉内容は、最終的な賠償額の点だけではなく、まだ治療中の場合には適正な治療費が継続して支払われるように保険会社と話し合うこともできますし、休業損害が支払われないなどの問題が生じていれば、その支払を求める交渉を行うことも可能です。つまり、事故後早期から交渉を弁護士に任せることには、数多くのメリットがあるということができます。

交通事故解決の流れ

むち打ち慰謝料獲得のための後遺障害等級認定のポイント

  • むち打ちになっても仕方ないと言えるだけの衝撃を受けた事実を明らかにすること
  • 自覚症状が医療記録に残るように訴えて、かつその症状が一貫している事実を明らかにすること
  • 腱反射やジャクソンテスト等の神経学的検査を受けて、なるべく多くの異常所見を明らかにすること
  • シビレや知覚鈍麻等の神経症状がある場合、MRIの撮影を受けてその原因を明らかにすること
  • 過不足のない後遺障害診断書が完成していること

詳細を見る

骨折・脱臼の後遺症における後遺障害等級
認定のポイント

  • 可動域制限がある場合、間違いのない計測をしてもらうこと
  • 痛みや機能障害の原因を3DCTや画像鑑定等によって明らかにすること
  • 過不足のない後遺障害診断書が完成していること

詳細を見る

靭帯損傷の後遺症における後遺障害等級
認定のポイント

  • 可動域制限や動揺性ある場合、間違いのない計測をしてもらうこと
  • 痛みや機能障害、動揺性の原因をストレスXPや画像鑑定等によって明らかにすること
  • 過不足のない後遺障害診断書が完成していること

詳細を見る

全国の相談会スケジュール

2018/11
2018年12月2日(日) カメイアリーナ仙台(東北療護センター近く)での交通事故相談会に参加します

開催日時:2018年12月2日(日) 13:30~16:30

場所:カメイアリーナ仙台(仙台台市体育館) 1階 会議室
道のり:東北療護センター前・地下鉄富沢駅から徒歩5分

【予定プログラム】 

対象:高次脳機能障害者家族、遷延性意識障害者家族、重度脊髄損傷、その他交通事故により障害を負ったご家族

1.講演「後見人問題を中心に」
  古田 兼裕 弁護士(交通事故弁護士全国ネットワーク 代表)

  主な講演内容

    後見人制度やその利用方法について重点的にお話いたします。


    その他

    介護保険(利用停止の問題)

    障害者総合支援法

    ナスバの使い方

    療護センター退所後の介護方法(自宅か施設か)など

2、無料法律相談会他

※相談内容は、人身被害事故・後遺障害事案・死亡事案等を受け付けております。他の弁護士にご相談ご依頼されている方でも、セカンドオピニオン相談として対応可能です。必ずご予約の上、ご来場ください。

3、その他

お申込やお問合せは、お電話の際に「12月2日仙台相談会の件」とお伝え下さい。

主催:一般社団法人 交通事故被害者家族ネットワーク

2018/10
2018年11月18日(日)岡山市にて、交通事故相談会に参加します

開催日時:2018年11月18日(日) 13:30~16:30ころまで

場所:岡山視覚障害者センター 3階会議室 地図
   〒700-0927 岡山県岡山市北区西古松268-1

道のり:JR瀬戸大橋線 大元駅西口から徒歩5分

【プログラム予定】
1.講演「後見人問題を中心に」
  古田 兼裕 弁護士(交通事故弁護士全国ネットワーク 代表)

  主な講演内容

    後見人制度やその利用方法について重点的にお話いたします。


    その他

    介護保険(利用停止の問題)

    障害者総合支援法

    ナスバの使い方

    療護センター退所後の介護方法(自宅か施設か)など


2.交通事故無料法律相談会
  法律相談は、交通事故による人身被害(死亡・後遺症・怪我)のご家族または被害者本人のご相談に応じます。
   ※無料法律相談をご希望の方は予約が必要ですので、下記担当者までご連絡ください。

  お申し込み・お問い合わせは、フリーダイヤルまで「11月18日岡山の相談会に出席(相談)希望」とお伝え下さい。


  主催:交通事故被害者家族ネットワーク

2018/10
2018年11月10日(土)、千葉市の稲毛ヨットハーバーにて、交通事故相談会に参加します

開催日時:2018年11月10日(土) 13:30~16:30頃まで

場所:稲毛ヨットハーバー2階会議室 地図 
    〒261-0012 千葉市美浜区磯辺2-8-1
    道のりは、稲毛ヨットハーバーのリンクをご参照下さい。

【プログラム予定】
1.講演「後見人問題を中心に」
  古田 兼裕 弁護士(交通事故弁護士全国ネットワーク 代表)

  主な講演内容

    後見人制度やその利用方法について重点的にお話いたします。


    その他

    介護保険(利用停止の問題)

    障害者総合支援法

    ナスバの使い方

    療護センター退所後の介護方法(自宅か施設か)など


2.交通事故無料法律相談会
  法律相談は、交通事故による人身被害(死亡・後遺症・怪我)のご家族または被害者本人のご相談に応じます。
   ※無料法律相談をご希望の方は予約が必要ですので、下記担当者までご連絡ください。

  お申し込み・お問い合わせは、フリーダイヤルまで「11月10日千葉の相談会に出席(相談)希望」とお伝え下さい。


  主催:交通事故被害者家族ネットワーク

2018/5
2018年6月10日(日) カメイアリーナ仙台(東北療護センター近く)での交通事故相談会に参加します

開催日時:2018年6月10日(日) 13:30~16:30

場所:カメイアリーナ仙台(仙台台市体育館) 1階 会議室
道のり:東北療護センター前・地下鉄富沢駅から徒歩5分

【予定プログラム】 

対象:高次脳機能障害者家族、遷延性意識障害者家族、重度脊髄損傷、その他交通事故により障害を負ったご家族

1、講演:古田 兼裕弁護士(交通事故弁護士全国ネットワーク 代表)

 (1)事故や入所間もないご家族への基本的な説明

 (2)介護保険(利用停止の問題)

 (3)障害者総合支援法

 (4)ナスバの使い方

 (5)成年後見制度

 (6)療護センター退所後の介護方法(自宅 か 施設か)

 など、いまご家族が悩んでおられる点も詳しく解説致します。

2、無料法律相談会他

※相談内容は、人身被害事故・後遺障害事案・死亡事案等を受け付けております。他の弁護士にご相談ご依頼されている方でも、セカンドオピニオン相談として対応可能です。必ずご予約の上、ご来場ください。

3、その他

お申込やお問合せは、フリーダイヤル 0120-89-0320 へ、「6月10日仙台相談会の件」とお伝え下さい。

主催:一般社団法人 交通事故被害者家族ネットワーク

2018/5
2018年6月3日(日) 大阪・泉大津で無料法律相談会に参加します。

開催日時:2018年6月3日(日) 13:30~15:30

場所:泉大津市立勤労青少年ホーム 2階会議室
道のり:泉大津市立病院より徒歩3分

【予定プログラム】 

対象:高次脳機能障害者家族、遷延性意識障害者家族、重度脊髄損傷、その他交通事故により障害を負ったご家族

1、講演:古田 兼裕弁護士(交通事故弁護士全国ネットワーク 代表)

 (1)事故や入所間もないご家族への基本的な説明

 (2)介護保険(利用停止の問題)

 (3)障害者総合支援法

 (4)ナスバの使い方

 (5)成年後見制度

 (6)療護センター退所後の介護方法(自宅 か 施設か)

 など、いまご家族が悩んでおられる点も詳しく解説致します。

2、無料法律相談会他

※相談内容は、人身被害事故・後遺障害事案・死亡事案等を受け付けております。他の弁護士にご相談ご依頼されている方でも、セカンドオピニオン相談として対応可能です。必ずご予約の上、ご来場ください。

3、その他

お申込やお問合せは、フリーダイヤル 0120-89-0320 へ、「6月3日大阪・泉大津相談会の件」とお伝え下さい。

主催:一般社団法人 交通事故被害者家族ネットワーク

2018/3
2018年4月22日(日)、千葉市の稲毛ヨットハーバーにて、交通事故相談会に参加します

開催日時:2018年4月22日(日) 13:30~16:30頃まで

場所:稲毛ヨットハーバー2階会議室 地図 
    〒261-0012 千葉市美浜区磯辺2-8-1
    道のりは、稲毛ヨットハーバーのリンクをご参照下さい。

【プログラム予定】
1.講演「弁護士の立場からより良い解決と、その後の在宅介護・後見人問題などについて」
  古田 兼裕 弁護士(交通事故弁護士全国ネットワーク 代表)

  主な講演内容

    事故や入所間もないご家族への基本的な説明

    介護保険(利用停止の問題)

    障害者総合支援法

    ナスバの使い方

    成年後見制度

    療護センター退所後の介護方法(自宅か施設か)など


2.交通事故無料法律相談会
  法律相談は、交通事故による人身被害(死亡・後遺症・怪我)のご家族または被害者本人のご相談に応じます。
   ※無料法律相談をご希望の方は予約が必要ですので、下記担当者までご連絡ください。

  お申し込み・お問い合わせは、フリーダイヤルまで「4月22日千葉の相談会に出席(相談)希望」とお伝え下さい。


  主催:交通事故被害者家族ネットワーク

2018/3
2018年4月21日(土)岡山市にて、交通事故相談会に参加します

開催日時:2018年4月21日(土) 13:30~16:30ころまで

場所:岡山視覚障害者センター 3階会議室 地図
   〒700-0927 岡山県岡山市北区西古松268-1

道のり:JR瀬戸大橋線 大元駅西口から徒歩5分

【予定プログラム】
1、講演:「弁護士の立場からより良い解決とその後の在宅介護」

  古田 兼裕 弁護士(交通事故弁護士全国ネットワーク 代表)

   講演内容

  • 事故や入所間もないご家族への基本的な説明
  • 介護保険(利用停止の問題)
  • 障害者総合支援法
  • ナスバの使い方
  • 成年後見制度
  • 療護センター退所後の介護方法(自宅か施設か)など

2、無料法律相談会他

 ※法律相談は、交通事故による人身被害(死亡・後遺症・怪我)のご家族または被害者本人のご相談に応じます。事前に申し込みが必要です。

 

お申し込み・お問い合わせは、フリーダイヤルまで「4月21日岡山の相談会に出席(相談)希望」とお伝え下さい。

主催:交通事故被害者家族ネットワーク

2018/2
2018年3月18日(日)岐阜県美濃加茂にて、無料法律相談会に参加します。

開催日時:2018年3月18日(日) 13:30~16:00ごろまで
場所: 美濃加茂市文化会館 展示室(2)
    中部療護センターから徒歩8分
    JR美濃太田駅から徒歩で約20分

【予定プログラム】 

対象:高次脳機能障害者家族、遷延性意識障害者家族、重度脊髄損傷、その他交通事故により障害を負ったご家族

1、講演:古田 兼裕弁護士(交通事故弁護士全国ネットワーク 代表)

 (1)事故や入所間もないご家族への基本的な説明

 (2)介護保険(利用停止の問題)

 (3)障害者総合支援法

 (4)ナスバの使い方

 (5)成年後見制度

 (6)療護センター退所後の介護方法(自宅 か 施設か)

 など、いまご家族が悩んでおられる点も詳しく解説致します。

2、無料法律相談会他

※相談内容は、人身被害事故・後遺障害事案・死亡事案等を受け付けております。他の弁護士にご相談ご依頼されている方でも、セカンドオピニオン相談として対応可能です。必ずご予約の上、ご来場ください。

3、その他

お申込やお問合せは、フリーダイヤル 0120-89-0320 へ、「3月18日岐阜県美濃加茂相談会の件」とお伝え下さい。

主催:一般社団法人 交通事故被害者家族ネットワーク

2017/11
2017年12月10日(日) カメイアリーナ仙台(東北療護センター近く)での交通事故相談会に参加します

開催日時:2017年12月10日(日) 13:30~16:30

場所:カメイアリーナ仙台(仙台台市体育館) 2階 和室
道のり:東北療護センター前・地下鉄富沢駅から徒歩5分

【予定プログラム】 

対象:高次脳機能障害者家族、遷延性意識障害者家族、重度脊髄損傷、その他交通事故により障害を負ったご家族

1、講演:古田 兼裕弁護士(交通事故弁護士全国ネットワーク 代表)

 (1)事故や入所間もないご家族への基本的な説明

 (2)介護保険(利用停止の問題)

 (3)障害者総合支援法

 (4)ナスバの使い方

 (5)成年後見制度

 (6)療護センター退所後の介護方法(自宅 か 施設か)

 など、いまご家族が悩んでおられる点も詳しく解説致します。

2、無料法律相談会他

※相談内容は、人身被害事故・後遺障害事案・死亡事案等を受け付けております。他の弁護士にご相談ご依頼されている方でも、セカンドオピニオン相談として対応可能です。必ずご予約の上、ご来場ください。

3、その他

お申込やお問合せは、フリーダイヤル 0120-89-0320 へ、「12月10日仙台相談会の件」とお伝え下さい。

主催:一般社団法人 交通事故被害者家族ネットワーク

  • 全国の相談会スケジュール
  • 独立行政法人自動車事故対策機構 NASVA
  • 交通事故弁護士全国ネットワーク
  • 古田総合法律事務所

ご相談無料!まずはお問い合わせください!

お電話でのお問い合わせ

受付時間 10:00~18:00(平日)

ホームページからお問い合わせ

お問い合わせ窓口

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-13-9 ダヴィンチ人形町4F 古田総合法律事務所内 
交通事故弁護士相談ネット事務局 「むち打ち・慰謝料」係